バス旅ブログ

2012-05-01 11:48:00

手前の元気のないのが樹齢1200年の釜の越桜 延命措置を図ってがんばっています。

後ろのピンクは種から育てた息子 出来が良くて色が濃いです。

その左が枝わけをした親戚 こちらの方が本来の越桜の色なんだそうです。

 

 

 

こちらは久保桜 こちらも延命措置を図っていますが、環境の変化、それこそ寿命で枝に元気がありません。

 

 

 

食事は時の宿 すみれにて米沢牛 牛鍋はもちろん全体的に味付けも良く非常に美味しかったです。これぐらいしっかりと作って頂けると友人にもよろこんで紹介できます。

最近は宣伝上手ではやりの言葉を並べ実際に食べてみると価格に合わないと思う店があります。

うまくなくてもはやる店のやり方があるのだそうです。

 

 

 

高畠ワイナリーにも寄りました。